自然な歯に近い?インプラントのメリットとデメリット

インプラントってどんなもの?

虫歯などで歯が欠損してしまった場合、今までは欠損した歯の前後の歯を削ってブリッジを作るというような対処法しかありませんでした。インプラントは健康な歯に影響を与えることがありません顎の骨に骨の土台となる金属を埋め込み、その上に健康な歯と同じような見た目の被せ物をするという方法で欠損してしまった歯を補うことができる方法です。見た目が自然になり噛む力も落ちないということから、広まってきている治療法になります。

インプラントのメリットとは

インプラントのメリットは見た目が健康な歯と変わらないので、人前で話をする機会が多い人が安心して口を開けることができるという点です。また骨に金属をしっかりと埋め込むので噛む力が健康な歯と変わらず、固いものなどを食べてもあまり大きな負担がかかりません。治療の際に健康な歯を犠牲にすると、犠牲となった歯も弱くなってしまうことがありますが、インプラントは欠損した歯の部分だけを治療しますので、健康な歯に対する影響はほとんどありません。

インプラントにはデメリットもある

デメリットとしては費用が高額になってしまうという点です。保険が利用できませんので自費での治療となり、被せ物の種類にもよりますが1本あたり35~50万円ほどが相場となります。しかし実際には高額な医療がかかった時に一定の自己負担額以上が返ってくる高額療養費制度を利用することができますので、実際に支払う金額はもっと安くすることができます。さらに一度入れたインプラントは10年以上持つことも多いので、トータルで考えると費用の面はデメリットではないと言えるかもしれません。

杉並区で行うインプラントは、自己負担の治療となりますが、格安の料金でインプラント治療を行える魅力があります。